村崎芋鉄道・村鉄車輛

近鉄好きの村崎芋鉄道のブログ。主に近鉄電車と模型のネタで更新していくつもりですが、色々とそれることも・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一気に塗装!塗装!塗装!

本日3月11日は、1年前にあの東日本大震災が起こった日です。
大阪でも揺れがあったようですが、私は全く気がつきませんでした。
あの時の生々しい津波はテレビを見ていてかなりショックだったのが今でも記憶に残っています。
被災地のいち早い復興をお祈り申し上げます。


明日(本日)に向けまして・・・
mtsDSC01233.jpg
最近、近鉄電車を先日書いた1200系を含めて10両塗装しました。
塗装は、エアブラでやり、前に書いた調色塗料で塗装しました。
これで本格エアブラデビューとなりました♪
一応今回竣工するのは、先に書いた1200系RC10。
mtsIMG_0138.jpg
9200系FC52と・・・(写真はマスキング中ですが・・・)
mtsIMG_0133.jpg
1000系&2430系AG46。
このうちAG46だけは廃品再生でそれ以外は車体更新。
間に合うのか・・・・?(いや間に合わない?)

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/11(日) 00:00:00|
  2. 近鉄その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永遠の課題?近鉄通勤車の塗装part3

久々のこのシリーズ。

前回から1年と1ヶ月が経過しておりますが・・・
IMG_9443.jpg
白はこのAX16よりグランプリホワイトで完全に確定しました。
IMG_9451.jpg
マルーンは赤2号を下地に近鉄マルーンを重ね塗りするスタンスをとってきましたが、如何せんコストがかかり過ぎる。
という訳で、今回は新たな色を探しだそうと思います。
更にエアブラも使えそうなので。
・・・という訳で、今回は調色の試験をしてみました。
まずはGMの26番とMr.カラーの100番を使ってみることにします。

mtsDSC01084.jpg
そしてテキトーですが、テストピース。
左のGMの26番、そして右がMr.カラーの100番、真ん中がこれを1:1で割って調色したもの。
やはりGMの26番改良後が明るいです。
改良後にスプレーで塗ったらピンクになった位なので明るいでしょうけど。
しかし、Mr.カラー100番は濃すぎる感じがします。

ということで、これを1:1で割れば、良い色が出るのではないか?と思っております。
近い内に塗装ですね~

これからもこのシリーズで使えそうな近鉄通勤車のマルーンや実験したマルーンなどを紹介していきたいなと思います。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。
  1. 2012/03/07(水) 00:00:00|
  2. 近鉄その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永遠の課題?近鉄通勤車の塗装part2

前回の近鉄通勤車の塗装の記事が意外に結構好評だったようで・・・恐縮です(汗)
コメントして下さった皆様、お礼申し上げます。

という訳で続編です・・・
今回は実車です。
IMG_8744.jpg
これは上本町での丸屋根車2610系X12編成。
こう見ると模型的には小田急アイボリー+1420系VW21編成で採用した色(前回の記事参照)という印象があります。
IMG_8763.jpg
こちらはVVVF車である同じく上本町での1620系VG25編成。
やはり上の2610系と比較すると少し暗い印象があります。
撮影環境の違いで同じ場所でも雰囲気がかなり違います。
IMG_7914.jpg
こちらは以前撮影した外の鶴橋での5800系DF13編成。
上と2つと比べてかなり明るいような・・・
模型的にグランプリホワイト+赤2号みたいな感じが・・・・
IMG_0971.jpg
河内山本にて丸屋根車の2800系AX07編成。
やはり何かが違うような・・・
IMG_0963.jpg
同じく河内山本にてVVVF車の1435系VW35編成。
上の2800系に比べて色が褪せてるのが判ります。
IMG_8397.jpg
IMG_8387.jpg
こちらは五位堂での塗装前の姿と塗装後の姿。
もしかしたら色の破片を参考にすると良いのかもしれないですが、またそれだと模型的に違和感があるかも知れません・・・
後塩浜と五位堂で塗料が違うという噂もありますが、どうなのでしょうか。
本当にこれらを模型化するというのは単純でありながらも難しいですね。
逆に近鉄と対を成す私鉄である阪急だとあのコテコテマルーンなので何も悩む必要が無いのですが・・・
でもそこを楽しむのも模型を作る楽しみなのかもしれませんね。

ここまでご覧くださり、ありがとうございました。
  1. 2011/02/08(火) 19:00:43|
  2. 近鉄その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

永遠の課題?近鉄通勤車の塗装&進む年度末の大量投入計画

近鉄通勤車といえば(シリーズ21を除く)やはり赤と白のツートン塗装。
しかしこの色を模型化すると非常に厄介です。
近鉄通勤車を製作されている方には永遠の課題と思います。

これらを模型化してきましたが・・・今日は所有車両の色調について特集していきます。

ちなみに全てスプレーで塗装しています。スプレー慣れした私にエアブラは使いにくいです(^^;
IMG_9447.jpg
2600系Q03編成。これは説明書通り普通に塗装。白が黄ばんでるような・・・
・赤 GM26番近鉄マルーン(旧)
・白 GM21番小田急アイボリー
IMG_9443.jpg
2800系AX16編成。白に黄ばんでるアイボリーの代わりにハヤテAX11氏推奨のグランプリホワイトを使用。
白は完璧になりました。
しかしこれはこれでいいのですが近鉄マルーンが若干濃すぎるような・・・
・赤 GM26番マルーン(旧)
・白 ミスターカラースプレーJ69 グランプリホワイト
IMG_9444.jpg
1422系VW27編成。赤にあずき色を使用・・・
これはあの塗装済みキットピンクロットには及びませんが薄すぎる・・・
・赤 ミスターカラースプレーJ81 あずき色(赤2号)
・白 ミスターカラースプレーJ69 グランプリホワイト
IMG_9445.jpg
1253系VC57編成。重ね塗りの試作車も兼ねてます。
これで色調は完璧と思っていましたが・・・・
・赤 GM26番マルーン(旧)を下地に ミスターカラースプレーJ81 あずき色(赤2号)を塗装。
・白 ミスターカラースプレーJ69 グランプリホワイト
IMG_9449.jpg
2800系AX05編成。
ここから近鉄マルーンが新しくなりかなり塗り難くなる・・・
折角VC57編成で完成した色調も台無しに・・・orz
・赤 GM26番マルーン(新)
・白 ミスターカラースプレーJ69 グランプリホワイト
IMG_9451.jpg
1420系VW21編成&2430系G44編成。
スル関氏にに教わった塗装法である近似色を下地にして塗装する方法で塗装。
個人的にはこれで完璧になったと思います。
これからはこれを標準塗装にしていく予定です。
・赤 ミスターカラースプレーJ81 あずき色(赤2号)を下地にGM26番近鉄マルーン(新)を塗装。
・白 ミスターカラースプレーJ69 グランプリホワイト
IMG_9454.jpg
おまけのようなものですが・・・最後に完成寸前の1200系FC93編成。
これは標準塗装に艶消しクリアーを塗装してみました。
個人的には良くも無く悪くも無く一番平凡な色合いです。
IMG_9456.jpg
今回撮り模された車両群です。いつの間にこんなに増えたのでしょうか(^^;

またチラシの裏のようで恐縮ですが・・・現在の近鉄通勤車の仕掛と状況です・・・

●仕掛品近鉄通勤車一覧
・2450系&1211系FC93編成(4R) 現状:完成寸前
・1400系FC01編成(4R)現状:車体の塗装は完了
・2430系AG43編成(4R)現状:中間車のみ塗装完了
・2410系W26編成(2R)現状:マスキング中
・2610系X20編成(4R)現状:失敗した中間車の塗装を修正中
・2000系XT07編成(3R)現状:失敗した塗装を修正中
・1810系H25編成(2R)現状:Tc1925の新製待ち
・1620系VF41編成(6R)現状:一部塗装剥離中

6連+4連×4+3連+2連×2ですので・・・
まだ計29両製作中ということになります(汗)

こいつらを今年度末に完成させるのが目標です。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。
  1. 2011/02/03(木) 00:00:58|
  2. 近鉄その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

【雑記】いよいよ今月発売?近鉄2610系

今日でもう2月になってしまいました。

春ももう近くなっているのでしょうか・・・・

今日は個人的なチラシの裏のようなものですが・・・・(汗)

---------------------------------------------
IMG_8206.jpg
いよいよ塗装済みキットの発売が近づいてきたGM製近鉄2610系。

1990年ごろに板キットが発売され、約20年ぶりの改良とのことです。

しかし板キットのに慣れてしまった私は購入するか悩んでます・・・

今回は塗装済みキットの良い点と板キットと比べての悪い点を挙げていきます・・・

☆塗装済みキットの良い点(完成品は省略)
・塗装済みなので導入コストはかかるが、製作コストがかからない
・顔がスケール通り(板キットの顔の方がかなり好印象だが、実はエラー)
・窓サイズが2610系サイズ
・別売のライトユニットで点灯可能
・面倒なトイレの窓埋め加工が不要
・念願だった?側面の方向幕が標準装備
・配管を完全再現。

★板キットと比べて塗装済みキットの悪い点
・GM完成品系統だけあって高い
・2800系や未更新時代など、板キットに比べて製作バリエーション展開ができない
・屋根が一体成型
・台車、床下機器が既製品の流用
・評判の悪いGM動力が標準装備
・窓の内側が未塗装

これ以上悪い点を挙げるときりが無いですが・・・(^^;
IMG_8730.jpg
確かに安く作るなら板キットですが、普通の人は塗装済みキット&完成品を選択してしまうのが当然だと思います。
(写真は2610系板キットから組み立てた2800系)

しかしこの悪い点の一部は解消できます。

・製作バリエーション⇒スナックカーのようなバリ展待ち?
・高価⇒塗装済みキットで極力コスト削減。
・動力⇒若干コストがかかるが今月発売の鉄コレ動力TMー16に換装。
・床下機器⇒GMバルクを購入し、並び替え。
・窓の内側⇒VVVF車のように塗装。

色々良い点も悪い点もありまちまちですが、まだ悩んでいます。
しかし私が購入した場合、鉄コレ動力に換装するということは最大8連でしか走行できなくなるので、必然的に名古屋線用のL/Cカーを作るということになります。
まだまだ悩みどころですね・・・
  1. 2011/02/01(火) 22:50:38|
  2. 近鉄その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

村崎芋鉄道

Author:村崎芋鉄道
近鉄をこよなく愛する管理人「村崎芋鉄道」と申します。
最近はJR九州や国鉄型車両などにハマりつつありますが・・・

こんな若輩者ですが、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

Twitter

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

車掌

阪急電車

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。